リノベーション物件の魅力

相模原の戸建てリノベーション物件の魅力
相模原市は神奈川県の郊外に立地します。この地は今非常に多くの人から熱い注目を浴びるようになっているのです。神奈川県と言うと横浜市や川崎市が有名です。

しかし横浜は非常に地価が高く、サラリーマンが気軽に戸建て住宅を購入して住める土地ではありません。横浜市内で新築一戸建てで家族四人が充分暮らしていけるゆとりある4LDK庭付きであると、その分譲価格は6000万円以上となるのは確実なのです。なかなかこうしたローンを組めるサラリーマンは存在しません。

また川崎市も最近地価が非常に高騰しており、サラリーマンが戸建て住宅を購入できても箱の様な窮屈な建売住宅であり、庭など決して望むことはできないのです。こうした事情により、相模原市が注目されるようになっているのです。

相模大野駅前などは、伊勢丹など老舗百貨店があり、都市開発も頻繁で非常に便利なところになっています。また相模原は隣接する町田にもアクセスしやすいのです。町田駅周辺は東急百貨店、小田急百貨店、丸井などが立ち並び、飲食店なども豊富にあり、新宿まで足を伸ばさなくても便利に買い物が楽しめるようになっているのです。

また相模原は緑地も多く、また学校や大学も豊富にあり、子育てには抜群の環境になっているのです。都会の利便性、緑豊富な学園都市でありファミリー層が住むのに最高の住環境なのです。

この地は横浜や川崎に比べると地価が安く、戸建てでも庭付きの広々とした部屋をもつ物件を購入することができるのです。新築の分譲価格は4000万円を切ることもあり、サラリーマンでも頑張れば購入可能な戸建てになっているのです。

しかしさらにローンを軽くし、のびのびとした生活を送りたい場合は、戸建てのリノベーション物件を検討してみるのも良いでしょう。リノベーションとは、中古物件の内装を全て、もしくは一部を綺麗にリフォームした物件を指すのです。フルリノベーションであると、水周り、クロス、ガス、トイレ、浴室、床材全てを新しいものに取り替えているので、ひとたび室内に入れば新築と何ら遜色ない快適な生活を営むことができるのです。

何より嬉しいのが、まるで新築と遜色ない例のベーション物件が、新築戸建ての約半値程度で購入できてしまうところです。このように新築至上主義を捨てて、少し視野を広げリノベーション物件を検討すると、ゆとりある快適な生活が実現できるのです。

デフレ経済から脱却できず給料が伸び悩むなか、今後ますますリノベーションの戸建て住宅の需要は伸びていくことでしょう。

最近の投稿

Contents

Copyright© 2014相模原で一戸建て住宅を考えるとき必須となるいろいろな条件を知ろう All Rights Reserved.